どんなメリットがあるのか

ゲームする人

中学を卒業した後にゲーム制作の勉強をしたいという場合は、その専門科目のある通信制高校を選ぶとよいと言えます。こうした通信制の学校を選ぶメリットとしては、やはり何と言っても「専門的なことが学べる」ということが一番に挙げられるでしょう。ゲーム制作の勉強は独学でもできるかもしれませんが、さまざまな知識や技術を自分だけで学ぶのは並大抵のことではありませんし、限界もあります。その点、専門科目のある学校であれば、初歩的なことを一から学ぶことができますし、プロレベルの専門的な知識や技術を効率よく自分のものにすることが可能です。次に挙げられるメリットは、より若いときに専門的な勉強ができるので、「プロとして早く活躍できるようになる」ということです。ゲーム制作の勉強は、高校を卒業した後に専門学校などに通うことでも可能なのですが、通信制の学校であれば卒業する前に学ぶことができます。ですので、できるだけ早くプロとして働きたいのなら、こうした通信制の学校をはじめから選んでおいたほうがいいと言えるでしょう。その他にも、通信制の学校では高校の必須科目も勉強することになるので、卒業すると高卒の資格も得られるということも大きなメリットだと言えます。

どんな仕組みになっているのか

ゲームする人

通信制の高校にはゲーム制作を学べるところがあるのですが、そもそもどんな仕組みの学校なのかというと、全日制のように毎日通う必要がないということが一番の特徴だと言えるでしょう。こうした学校は年間20日程度のスクーリングと呼ばれる登校日に学校へ行けばいいという仕組みになっており、基本的には自宅での学習になります。しかしスクーリングの日数は学校によっても違っており、全日制のように週5日登校する場合もあると言えます。そのため、専門科目を手取り足取り教えて欲しいという場合は、週5日登校するような学校を選ぶとよいでしょう。そして通信制の学校には、国語や数学といった必修科目のみのところと、それにプラスしてゲーム制作などの専門科目が学べるところがあります。いずれにしても必修科目を学ぶことができるので、卒業後は高卒の資格を得ることが可能になるというわけです。ただし専門科目をプラスする場合は、その分学費が高くなるため、必修科目のみの場合よりも費用負担が大きくなるという点には注意が必要でしょう。実際の学費は、登校日数が少ない場合は年間で50万円~60万円程度で、週5日登校する場合は年間で80万円~100万円程度が相場です。

広告募集中